Jam 但馬・丹後エリアマガジン

Jamについて

掲載料金

置店リスト

掲載お申し込み

お問い合わせ

バックナンバー
Vol.216現在配布中!
お近くのSHOPで
お持ち帰り下さい。

Jamの特集記事を検索します>>

号別一覧記事一覧表紙一覧

■2010年4月号 (Vol.102) 記事一覧を見る>>

おすすめCD 2010.4

『シェイク・フォー・ミー』ザ・マニッシュボーイズ
『シェイク・フォー・ミー』ザ・マニッシュボーイズ

SAWAさんの
これを聴かなきゃはじまらない!


こんにちは!4月ですね、いよいよ春本番!3月の終わりの頃はなんだか冬にもどったような天気がつづき、おかげで私も少し体調をくずしてしまいました。桜の開花も少し遅れたみたいですが、そんなに焦って急ぐな!という天の声だと思っております。スローライフでいきましょう!さて、最近、私事ではございますが好きな“言葉”を見つけようと思い色々と考えて遊んでおります。座右の銘とかそんなたいそうなものではなくもっとライトなものです。自分のテーマであり、自分の理想を一言で表すような“こ・と・ば”。ああでもない、こうでもないと考えているとなかなか見つからないものですが、最近、ふっといきなりこれだ!というのが降りてきました。まさに降臨!ここであえて一言言っておきますが、けっして私は変な人ではありませんよ!ちょっと変わった人なだけです…?で、その言葉ですが、じゃじゃーん!発表します!『骨がある!』…ん…?笑った人いませんか?わかる人にはわかる、いやいや、こういったものは自分でわかっていればいいんです!…いいんです!(川平 慈英ふうに読んでください)この言葉が見つかった時は本当にうれしかったです。なんだか霧がはれていくような爽快感さえおぼえました。誰でもこうありたいとか自分はこうだというものがなんとなくはあると思いますが、はっきりとそれも単純明快に表せる言葉があったらとってもすてきな事だと思いませんか?思わない…あっ、そうですか。どうもすいませんでした。でも、もし、よかったら皆さんもお暇な時間に探してみてください。もしかしたらいい言葉が見つかって少しだけ幸せになるかもしれませんよ!では、今月のおすすめCD!今月は“骨のある”バンドを紹介します。ザ・マニッシュボーイズ(THE MANNISH BOY’S)です。ボーイズとなっておりますがぜんぜんボーイズではありません。おっさん、どころか、じいさんも混じってます。筋金入りのブルースバンドです。まさに、骨があるバンドです。大体こんなバンド名を名乗れる事自体、実力のある本物の証でしょう。でないと世間のブルースファンが許しませんよね。(マニシュボーイはブルースの神様であるマディーウォーターズの名曲の曲名です)少し、個人的な趣味で言わせてもらうとギターのカーク・フレッチャーがとってもかっこいいギターを弾きます。音もいいし、ソロのカークフレッチャーバンドもとってもかっこいいですよ!気に入った方はぜひソロも聞いてみてくださいね。今回のアルバムはゲストも多彩でブルースファンなら思わず納得のゲストばかり!前に紹介したアーサー・アダムスも参加しております。ブルースとしてのスタンダード感を保ちつつ音は今の音。まさにリアルブルースバンド!ブルースは初めてとか少し苦手という人もぜひ、聞いてみてください。以外に聞きやすいかも!今月のおすすめ『ザ・マニッシュボーイズのシェイク・フォー・ミー』“骨がある”バンドです!では、また来月おたのしみに!


お知らせオンデマンド印刷事業部企画制作情報紙会社案内リンクお問い合わせサイトマップ

ジョインスリー 〒668-0014 兵庫県豊岡市野田116(Joint神戸メガネ様2F)
TEL.0796-23-7731・7737 FAX.0796-23-7735 Email : info@join3.jp

Copyright 2005 join3 Co.,Ltd.